歴史

歴史
風水の歴史はとても古く、風水は中華文化圏で繁盛し、衣食住の中でとても大事な要素の一つとされています。

たくさんの風水と関連する文献が残されており、文献を通して、古代の風水はお城、村落の位置選び、宮殿の建設、後に墓地地形選びまで発展したことがわかりました。

漢の時代で、初歩的な地理風水考察理論が形成され、風水は一つの研究対象として、民俗学及び建築学の角度から研究価値が上がります。しかし、残念ながら唐宋の後、色んな学派の太極図が出回っており、少しずつ枝違いのぎこちない術数、民間信仰という職に代えつつありました。

現代に伝わる風水

中国では毛沢東の時代に、風水は迷信として禁止されていました。その当時に古代から伝わっていた文献の、数多くも紛失してしまったらしいです。家系が風水師として伝統を引き継ぎ続けている方も今でもたくさんいらっしゃるのですが、日本に現在伝わっている風水は、風水の全てが伝わっているかという部分では、信憑性は若干薄いかもしれないですね。 

近年では、風水師の施工に基づいて、世界的に風水建築学に基づいた建造物なども増えてきています。日本の建築にも取り入れられつつあるので、風水に対しての考え方も単なる迷信とは言い切りがたいのではないでしょうか?日本にも古くからあるジンクスのような物に近いかもしれませんね。

全般全般

Posted by hide


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。