風水の龍と一言に言っても、色々な種類や容姿のものが世界中に広まっています。映画などで登場する龍でも、アジアの龍とヨーロッパやアメリカでの龍(DRAGON)は、全く形が違いますよね。

中国の龍と言っても、一般的に知られているものでは、黄龍、青龍など方角に関連する龍の種類などもあるんです。風水で龍の置物だと金色の龍や、青銅で出来たものなどが主に見かけます。ちなみに中国では、皇帝は龍の化身とされていました。

龍の効果

風水では、住まいの東の方角又は玄関のドアに置くと良いとされています。あなたがもし仕事や趣味の分野などで、目上の方や地位のある方に一目置かれたい場合など、出世の分野の運気を高めるとされています。全般的には、対人関係でのトラブルなども防ぐ効果があります。

龍の種類

冒頭で説明したように、龍はたくさんの種類に分けられています。すべては古い文献などで記されたものですが、ここで紹介させていただきます。

応龍

あまり聞きなれていない呼称かもしれませんが、中国の古文献『山海経』の中に応龍(おうりゅう)と呼ばれる龍が登場します。この応龍が、四霊(龍、鳳凰、麒麟、亀)の1種とされているようです。

神話の中の言い伝えでは、黄帝に仕えていた龍で、4本足で鷹のような羽翼があり、足は3本の指とするどい爪があります。神々の住む天界と人間の住む地上を自由に行き来することができます。

その他にも、地上に雨を降らせる事ができ、黄帝の軍と蚩尤との戦の際には、嵐を起こして援護をしたとされています。戦の中で殺生を行い邪気を帯びてしまった応龍は、天へ登ることができなくなりました。

四龍

『瑞応記』の中では、応竜は四龍の長(リーダー)とされています。四龍とは、蒼龍(青)、赤龍(紅)、白竜(白)、黒竜(黒)のことを言います。

黄龍という名称は、ご存じでしょうか?これは、方角を示す際などにも使われています。龍の中でも神の使いとされていて、四龍の中心とされています。黄金の光を放つ龍で、以前は皇帝の権力の象徴として扱われていましたが、最近では麒麟(黄麟)と同一視されることも多いようです。

その他にも、応竜は天馬を、飛竜は鳳凰を生むと伝えられています。


PAGE TOP