金運アップと方角

家相などのページでは、風水の方角についての項目は、実践する事ができない人も多いかと思い、なるべく省いていました。今回は金運アップの為に方角なども取り入れた風水をご紹介しましょう。

金運の方角

風水での金運の方角とはどの位置を示しているのでしょうか?財気位について見ていきましょう。

財気位

財気位というのは、お金の運を貯めたり巡らせたりするための場所を意味します。主に部屋の入り口の対角の位置を示します。

ここは、気が貯まりやすい場所かつ金運の位置とされているので、ベットやソファーなどの長く居る場所にも適しています。その他、観葉植物や宝くじなども置くと効果があると言われています。

そこで注意点ですが、財気位へは、形殺が向かないようにしましょう。形殺とは家相のページでも説明していますが、尖った物の向きに位置します。タンスの角などが財気位を向いていると、気を殺してしまうので注意したほうが良いでしょう。

建物の外部からの影響

こちらも注意が必要な形殺の一つですが、近隣の家などの角が自分の家の玄関を向いていたり、電柱が目の前にドンとある事も良くありません。玄関から入ってくる金運や全体運を殺してしまう意味があります。

こういう場合は、そとに観葉植物を置いたり、八掛鏡を飾る事でガードできるでしょう。,/p>

財気位に水槽

財気位に水槽を置くことは、金運アップに繋がるとてもいい事柄です。水は、五行でもお金が貯まる事を意味するので、資産運用や貯金に良いとされています。特に玄関先に水槽を置くと効果があるそうです。


PAGE TOP