風水と北枕

日本古来、きたまくら(北枕)は、不吉なイメージが付きまとってきました。
これは、仏教が由来で、仏教の祖「釈迦(お釈迦様)」がお亡くなりになる際に、北の方角へ頭を置いて横になった「頭北面西」(ずほくめんさい)という謂れから生まれたものだそうです。
日本では、このような事から、北枕は縁起が悪い行為とされ、お葬式で死者の極楽往生を願い遺体を安置する際のみ許されてきました。

続きを読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。